蛇口から水が出て止まらないのはなぜか

毎日の生活で使う水道の蛇口から水が漏れることがあります。突然、起こることもあるでしょう。ハンドルやレバー、接合部から漏れている場合は、ナットやボルトが緩んでいる可能性があります。ずっと使い続けているといつの間にかナットやボルトが緩むことがありますので、きちんと締めましょう。水が止まらなくなったら、まずはナットやボルトを確かめると良いかもしれません。触ってみて緩くなっているようであれば、すぐに締めてください。そうすれば、すぐに水が止まるでしょう。他にもパッキンやコマなどの内部のパーツが摩耗している可能性もあります。これらのパーツも時間が経てば老朽化、摩耗してしまいます。古くなったら取り替えましょう。自分でやろうと思えばできますので、ホームセンターで内部のパーツを購入して取り替えてみませんか。もちろん、業者に頼んでも構いません。

吐水口の水漏れの原因で考えられることとは

吐水口からポタポタと水が垂れていませんか。何もしていないのに、水が漏れてしまうようであればそのままにしておくわけにはいきません。これは、吐水口に使われているフィルターが汚れていることが考えられます。水を使えばフィルターがどんどん汚れていきますので気をつけなくてはなりません。蛇口や水栓の種類によっても違いますが、網目状のフィルターが使われているでしょう。吐水口の水が止まらないのであれば、この部分を確かめてみてください。汚れさえなくなれば、水が止まります。定期的に綺麗にしておくように心がけていると、水が止まらなくなるようなことはないでしょう。

配管やパイプの付け根から水が出ていませんか

配管やパイプの付け根から水漏れすることもあります。この場合の原因はいくつか考えられます。ナットなどが緩んでいませんか。また、パッキンなどの内部パーツが老朽化している可能性もあります。フィルターやカートリッジなどが汚れていることが原因かもしれません。他の場所と同じことばかりですから、配管やパイプの付け根から水漏れしていたら全てを確認して、早めに対処してください。早く修理して快適に水回りを使いましょう。水が止まらなくなると困ります。どこから漏れているのかによってこれだけ対処法も変わります。業者にすぐに頼むのも良いですが、自分でできることも意外と多いので以上のことがわかっていれば自分ですぐに対処できます。

記事を共有する